高見山にエビの尻尾(霧氷)を見に行きました!

高見山にエビの尻尾(霧氷)を見に行こう!高見山 雪山登山

高見山とは?

高見山(たかみさん、たかみやま)は、奈良県吉野郡東吉野村と三重県松阪市(旧飯南郡飯高町)との境界にある山である。標高は1,248.4m。台高山脈の北端に位置しており、奈良県側の紀ノ川支流の高見川(平野川・杉谷川)と、三重県側の櫛田川の源頭になる。また、この山付近を中央構造線が通っている。関西では冬に霧氷や樹氷を見ることができる登山先として有名。昔は高角山、高水山などと呼ばれた。東西に長い山容のため、南北方向から見るとなだらかな山に見えるが、東西方向から見ると尖って見える。その事から「関西のマッターホルン」の異名を持つ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

霧氷(むひょう)とは?

霧氷(むひょう)は着氷現象の一種で、氷点下の環境で樹木に付着して発達する、白色や半透明で結晶構造が顕著な氷層の総称。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今回のルートの所要時間

所要時間:約6時間

移動時間

近鉄 榛原駅
↓(50分)
高見山登山口バス停
↓(10分登山準備)
高見山登山口
↓(65分 休憩含む)
小峠
↓(65分 休憩含む)
高見山山頂
(お昼休憩 70分)
高見山山頂
↓(80分)
非難小屋
↓(50分)
かたすみ温泉

バス運賃、登山ルート

↓奈良交通霧氷バス 時刻・運賃等

https://www.narakotsu.co.jp/rosen/rinji/pdf/2019muhyou.pdf

↓参考ルートはこちら

https://yamap.co.jp/activity/665003


2019年1/26(土曜日)、天気 雪!

今回は、近鉄榛原駅から、奈良交通さんの霧氷バスに乗り高見登山口まで移動し、
高見山 山頂を目指すルートを登山しました。

8:00に近鉄榛原駅に集合。
1/12~2/24まで臨時で運行されている、奈良交通の通称「霧氷バス」に乗って
高見山登山口まで移動しました。

9:50、高見山登山口に到着。
この日は、寒波が到来していて朝から小雪がチラついていました。
雲も厚くどんより曇り空。
登山口前から積雪もかなりあったので、登山口バス停に到着早々
ゲーターやアイゼン、ザックのレインカバーの装着等の準備をしました。

9:10、出発!伊勢街道を通って山頂を目指します。

今回、筆者は雪山初体験です。
緊張とワクワクで前の日は全然眠れませんでした(遠足の前の日は眠れないタイプです)。
フワフワの雪とザクザク感が楽しいいい。

雪化粧された杉の木と、ガスった空気感が幻想的で綺麗です!

杉の並木道をズンズン進んでいきます。

10:15、小峠に到着!
高見山山頂まで、2.0kmとあります。
結構あるい歩いたな~と思ったのですが、まだまだですね~

小峠を出発すると、急坂が始まります。
風も強く、横殴りの細かい雪が顔を直撃します。
ここから体力が一気に消耗します。

10:40、分岐点にでてきました。
高見山山頂を目指します。

それにしても、凄い積雪です。20センチいや、30センチはあるでしょうか?
体感温度はマイナス10度ぐらいに感じる?
とにかく今年一寒いし、疲れたし、、お腹もぐうぅぅぅぅぅぅぅ・・・と言い出しました。
お腹が空いてきたので、駅で買ったワッフルを食べてエネルギー補給!

木の様相も変わってきました。
目の前には、木のトンネルが!

トンネルをくぐると・・・
なんですか!ここは!?
真っ白じゃないですか!?

幻想的な異世界が目の前に広がります。
綺麗過ぎてテンションMAXです!
今までの疲れも、寒さも吹っ飛びました。

モッフモフの霧氷!
見ているだけで癒されますね。

雪でできた自然の造形!
どうなったらこうなるか、想像もつきません・・・

11:45、そうこうしているうちに、山頂に到着!

奥に見える小屋でお昼ご飯を食べることにしました。

一応屋根がありますが、小屋の中でも風がスースー通り
見上げると天井が凍ってました・・・
立ちながら身体を動かしつつ、ご飯準備です。ブルブルブル

今日はカップヌードルカレー味。
寒すぎて食べても食べても温まらない身体・・・ズルズル、ブルブルブル

現在、氷点下5度!ブルブルブル

12:50、小屋を出発!
来た道を分岐点まで戻ります。

13:15、分岐点に到着。
平野バス停方面を目指します。

分岐点には高見山登山道の案内板がありました。
今回はこの地図だと、緑の線で登って赤の線で下るルートですね。

下る途中、時々晴れ間が見える時もありました。
晴れるとより一層、雪が綺麗に見えます。

ストックで書く「高見山」!達筆でございます。

切り株君もにっこり。

14:10、非難小屋を通り過ぎます。

緩やかな階段をドンドン下りていきます。

14:50、無事に下山!
橋を渡って、交差点を右に進むと、
たかすみ温泉です。

下界に下りると晴れていました!
雪化粧された山と青い空が綺麗です。

15:00、たかすみ温泉到着!
お疲れ様でした。

今回は、雪がチラつく中の登山ということもあり、
絶好の霧氷狩りとなりました。
白銀の霧氷トンネルはとても綺麗で、忘れられない貴重な体験ができました。
どうも皆様お疲れ様でした。

この投稿へのコメント

  1. ひろ said on 2019年2月11日 at 11:11 PM

    冬嫌いが解消される素晴らしい景色でした。
    新雪でタイミングもバッチリ!
    いつも天気に恵まれますね!
    このサークルの七不思議のひとつ?笑
    また、宜しくお願いします。

    • otocle said on 2019年2月12日 at 2:40 PM

      確かに、寒くても見たくなる様な素晴らしい景色でしたよね!
      三峰山も絶景でしたよ。
      いつもおとクルのイベントは天候には恵まれますね。
      ほんと不思議です!
      これからも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL